ホーム お知らせ 2020企業参加者紹介|株式会社Eco-Pork〜ICT×IoT×AI・食料危機・畜産業・養豚の課題解決〜

2020企業参加者紹介|株式会社Eco-Pork〜ICT×IoT×AI・食料危機・畜産業・養豚の課題解決〜

844
株式会社Eco-Pork
株式会社Eco-Pork

キャリアディスカバリーフォーラム(2020年6月開催)に参加する企業から、当日の企業参加者からのメッセージを紹介します。

株式会社Eco-Pork

AIディレクター 牧野 剛士 氏

ディスカッションテーマ:
何の社会課題の解決に、「自分」というツールをどう活用できるか?

企業が取り組んでいるホットな挑戦:
世界的に直面する食糧危機を解決する食糧生産プロセスのビジネスアップデート

会社を表すキーワード:
ICT×IoT×AI・食料危機・畜産業・養豚の課題解決

メッセージ:
研究者の皆さん。 教授や同じ研究室・ゼミのメンバとディスカッションし、自ら考えて行動し、その結果を整理し、またディスカッションして、と設定されたテーマを一歩ずつ解き明かす、という研究活動のサイクルを日々回していると思います。 その一連のサイクルを回すことで得た知見を、一緒に社会課題を解決するために生かしてみませんか?我々Eco-Porkは『食糧危機』という全人類が近い将来確実に直面する課題を解消していくため、養豚業の生産プロセスを効率化を実施する手段としてIT・IoT・AIを武器として融合化し適用していくことで、養豚業界に働きかけ、業界の在り方自体をアップデートしようとしています。 社会課題は一朝一夕に解決するものではなく、我々がターゲットとしている食糧危機も同様です。 目指す姿を逆引きで考え、必要な機能やオペレーションの仕組みを一つひとつ現実化し、問題の解決に取り組んでいます。 現在の研究テーマや領域は異なっていても、フォーラムに参加する研究者の皆さんは、何かしらの社会課題に係る関心や自分事である、という意識を共通して持っていると思います。 研究活動を通じて得た知見・経験が蓄積された”自分というツール(器)”が、日本が抱える様々な社会課題に適用できるのかについて当日ディスカッションし、それぞれができることについての認識を高められることを楽しみにしています! 社会課題を解決し社会にインパクトを生じさせる機会を作っていきましょう!!

<プロフィール>
牧野 剛士
京都大学理学研究科地球惑星科学専攻前期課程修了(理学修士)
一般社団法人 データサイエンティスト協会 個人会員

国内・外資系コンサルティングファーム(Big4を含む)にて、データ分析/アナリティクスを活用した経営戦略・マーケティング戦略の策定、組織評価スキームの設計、新規事業立上等、データを活用するファクトに基づく科学的アプローチを専門としたコンサルティングに20年近く従事。
Big4時代に苦楽を共にしたプロジェクトメンバがEco-Porkを立ち上げ、その理念に共感し(社会的意義と将来のビジネス可能性を感じ)、ボランタリーとしてデータ活用に関するサポートを実施後、2020年1月より正式に参画し、AIと知的財産のディレクターとして自ら考え・行動し、当社ビジネスを推進中 (参画後、特許3件を取得) 。

 

<キャリアディスカバリーフォーラム2020 開催情報>
2020年6月20日(土)10:00-18:00
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター5F
主催:株式会社リバネス
オンライン参加も受けつけています

参加登録フォームはこちら(リバネスIDへの登録・ログインが必要です)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here