ホーム NEWS 2018ニュース 持続可能な食糧生産のため、 農業の成長産業化を目指す(株式会社セラク)

持続可能な食糧生産のため、 農業の成長産業化を目指す(株式会社セラク)

1123
0
シェア

株式会社セラクは IT 技術の専門家集団と して事業を成長させてきた。「農業に IT を」 という想いから生まれた「みどりクラウド」 は 、生産環境データの蓄積を農業に生かす 同社の新たな挑戦である。自身の専門性と情 熱を掛け合わせ、農業に変革を起こそうとし ているみどりクラウド事業部兼 IoT ソリュー ション事業部事業部長の持田宏平さんにお話 を伺った。

full

農業データを活用し、異分野研究者と新しい知識を生み出す
セラクは情報通信技術を活かし、新規分野へ積極的に参入している。「みどりクラウド」は農業にターゲットを絞ってスタートさせたIoT事業だ。きっかけは、環境問題や地方が抱える問題に強い関心を持っていた同社役員と、自分の専門である農業工学とITを組み合わせて、事業を作りたいという研究者、持田さんの想いにある。「農業の問題に関心を持っていたので、まずは植物工場を作ることを提案したのが始まりです。今では、圃場環境や農作業記録など、日本最大級の農業データを収集することに成功しています」。大学との共同研究は進めているが、もっと多くの研究者、特にデータサイエンティストや経済学者などの異分野研究者にこのデータの活用方法を検討してほしい。その想いから、異分野の若手研究者に注目していた。

研究者の情熱で仲間を集めたい
「勘と経験に頼る農業生産が行われ、農作物の輸出が少ないことが日本の農家の課題です。持続可能な農業を実現できるように、我々が目指すのは農業の成長産業化です。それに向けて、どのような仕掛けができるかを研究者とともにCDFで考えていきたいです」と語ってくれた。その情熱のもとに、農業への課題意識を持つ様々な分野の仲間が集まってきている。変化が早いIT業界でセラクが成長し続ける理由は、 研究者一人ひとりが持つ情熱を存分に発揮できる環境があるからだろう。農業×ITという新たな領域で自身の情熱を燃やせる研究者を必要としている。

CDFに参加する研究者のみなさんへ
私たちの会社には自分の情熱を加え、新たなことに挑戦できる環境があります。どんな情熱を持って研究している人なのかをぜひ聞きたいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here