ニュース

6/30キャリアディスカバリーフォーラム2018 これからの農業を変えていくアグリテック企業8社が参加決定!

株式会社リバネスでは、多様な知識や経験を持った学生や若手研究者と、新しいチャレンジを仕掛けている企業が集まり、それぞれの未来を語り合う「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を2018年6月30日(土)に日本科学未来館にて開催します。 本イベント内にて、多様な人材と新しい仕事を仕掛けたい、参加者とディスカッションしたいという事業会社やベンチャー、研究所8社の参加が決定しました。上記アグリテック企業とともにアグリディスカバリーセッションを開催いたします。 農業の世界に興味がある方は奮ってご参加下さい。 <セッション> 「大企業の異業種コラボレーションが農業の世界を変える」 100年以上の歴史を誇る農業用機械部品のメーカーの小橋工業を筆頭に、「農業×地域活性化」でビジネス創出を仕掛けるロート製薬をパネラーとしてお招きし、「農業」をキーワードに今、大企業が各社の強みと強い理念を基軸に異業種間のコラボレーションを初めている姿をお伝えします。農作物を作って売ることだけが農業ではない。その根幹には人々の生活をより豊かにしたいという熱い想いを聞くことができます。 <セッション参加企業> 小橋工業株式会社・ロート製薬株式会社、アイ・イート株式会社、Agsoil株式会社、アグリホールディングス株式会社、株式会社ファー ムシップ、株式会社プランテックス、株式会社リバネス アグリガレージ研究所 *開催時間等詳細はイベントHPにて掲載いたします。 研究開発に想いを持つ企業と、研究経験から培われる課題設定設計力や課題解決力を使って未来の仕事の創造/想像にチャレンジしたい参加者をお待ちしています。 これまでラボの外(社会)に出たことがない方や悩んでいる方も、事前にリバネスのサイエンスブリッジコミュニケーターがあなたの研究キャリアを一緒に考えていきますので、お気軽にご相談ください。 参加登録はこちら https://cdf.lne.st/pre-registration/

6/30キャリアディスカバリーフォーラム2018 参加企業決定、第一弾8社を発表!

株式会社リバネスでは、多様な知識や経験を持った学生や若手研究者と、新しいチャレンジを仕掛けている企業が集まり、それぞれの未来を語り合う「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を2018年6月30日(土)に日本科学未来館にて開催します。既存の研究キャリアを探すのではなく、今までにない新しい研究キャリアを自分たちで創り出すために、「未来の仲間を集め、未来の仕事を創造/想像する場」に飛び込みたい学生、研究者を募集しています。

誰も辿ったことのない道だからこそ、トップを目指せる

誰も辿ったことのない道だからこそ、トップを目指せる 株式会社 Rhelixa 松木 崇晃 さん 研究開発 プロジェクトマネージャ 大迫 侑貴 さん インターン生 (東京農工大学大学院 生物システム応用科学府 博士課程3年生) 環境などの影響で遺伝子が化学的に修飾されることにより発現が制御されるメカニズム、「エピゲノム」のコンピュータ解析技術を強みに起業した株式会社Rhelixa。まだ産業界での活用が始まったばかりのこの技術で、ビジネスに挑戦する魅力は何だろうか。研究開発マネージャとして参加した松木崇晃さんと、今年の春から新入社員になる大迫侑貴さんに聞いた。

とことん未来志向の発想で 「面白い人」たちとのネットワークを築く

とことん未来志向の発想で 「面白い人」たちとのネットワークを築く 株式会社ビービット 猪内 学 氏 山田 真史 氏(現 neumo Co-founder) 「とにかく面白い人たちに会いたかったですね」CDF への参加の動機を尋ねると、山田真史氏は即座にこう答えた。メーカーやバイオベンチャーの参加企業が多い中、唯一のコンサルティング企業として CDF に参加した。「自社技術を持たないコンサルティング企業が新しいことを仕掛けていくためには、『面白い人』との長期的なネットワークが重要です」と彼らは言う。それをいかにして構築するのか、CDF への参加を決めた山田氏と、採用担当者として参加した猪内学氏にお話を伺った。

キャリアディスカバリーフォーラム2018の会場が決定しました

2018年6月30日(土)に開催するキャリアディスカバリーフォーラムの会場が、昨年と同じ日本科学未来館(東京都江東区)に決定しました。 昨年度以上に研究者と企業人の双方向の発信を活発にし、未来の研究者の働き方、未来の仲間、未来の事業を発見できる場にしていきます。 詳細な企画は決定し次第、順次リリースを発信していきます。どうぞご期待ください。

CDF で自社の可能性を発見する~参加企業インタビュー〜カクタス・コミュニケーションズ株式会社

学術論文の英文校正・翻訳・投稿支援サービス「エディテージ」を中心とした研究者サポート事業を展開している。最近は大学・研究機関の研究プロモーションや、研究者が集まり日本の研究現場の課題を考え、実践するコミュニティ「サイエンストークス」の運営など、新しい挑戦を続ける「研究者を元気にする会社」だ。共に新しいアイデアを育ててくれる仲間を求め、キャリアディスカバリーフォーラム(CDF)に参加した。

CDF で自社の可能性を発見する~参加企業インタビュー〜森下仁丹株式会社

創業125 年の老舗企業の森下仁丹は、「病気は予防するもの」という考えを抱き、創業者の森下博が懐中薬「仁丹」を開発したのが会社の始まりだ。大阪の老舗企業として「仁丹」とともに成長してきた。そんな老舗企業が、2017 年3 月より年齢を問わず、挑戦し続ける人材を募集する第四新卒採用を開始した。新しい人材との出会いを求め、キャリアディスカバリーフォーラム(CDF)に参加した想いを、駒村 純一氏に伺った。

【応援ラボ教員インタビュー】新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる

新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる 渡辺 智 氏 東京農業大学 生命科学部 バイオサイエンス学科 准教授 「そのイベント、面白いね!」そう言って、研究室の学生と共にキャリアディスカバリーフォーラムに参加した渡辺氏。理想の研究者像は「研究を推進するリーダーであり、現場で実験し続けるプレーヤーであり、学生のチャンスを作るために動き続ける人」。研究に熱を持って打ち込み、新しいテーマに挑戦し続ける若手研究者として、本イベントに参加した考えを伺った。

【参加者インタビュー】異なる人との交流が、自分の活躍できる場に気づくきっかけとなった

異なる人との交流が、自分の活躍できる場に気づくきっかけとなった 渡邉 聡 氏 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 博士課程 3 年 東京大学の渡邉聡氏は、幼少の頃から算数や数学に興味を持ち、現在は大学院博士課程で、絶縁体中の原子の運動などの自然現象を正確に記述する理論の構築に取り組んでいる。大学で研究を続けることを目指して突き進んできた彼が、キャリアディスカバリーフォーラム (CDF) で企業との交流を求めたのはなぜだったのだろうか。現役博士学生の想いに迫った。

【実施報告】「研究者のための1分プレゼン道場」が開催されました

6/24(土)に日本科学未来館で行われたキャリアディスカバリーフォーラムの中で、「研究者のための1分で自分の魅力を伝える1分プレゼン道場」が行われました。 自分の専門領域以外の人に、自分の研究を魅力的に伝えるにはどうしたらいいか悩んだことはありませんか?