ニュース

CDF World Forum Panel Discussion Session: “What’s it like to work in Japan? Real...

Panel Discussion "What’s it like to work in Japan? Real Voices from Japanese Companies" 14:00-15:00 Room I Needless to say, many international students in Japan are...

【パネルセッション】人・文化・社会の研究者が、産業界で生む新たな価値

リバネスが主催するキャリアディスカバリーフォーラム(2019年6月22日(土))内で、各界で活躍する研究者が集まり、パネルセッション「人・文化・社会の研究者が、産業界で生む新たな価値」(セッションパートナー:コニカミノルタ株式会社)を開催いたします。

【パネルセッション】大企業の研究所長が語る、これからの企業研究者とは

リバネスが主催するキャリアディスカバリーフォーラム(2019年6月22日(土))内で、各界で活躍する研究者が集まり、パネルセッション「大企業の研究所長が語る、これからの企業研究者とは」(セッションパートナー:アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社)を開催いたします。

【パネルセッション】CDFの活用法~参加企業が仕掛ける新たな挑戦と、研究者に期待すること~

リバネスが主催するキャリアディスカバリーフォーラム(2019年6月22日(土))内で、各界で活躍する研究者が集まり、パネルセッション「CDFの活用法~参加企業が仕掛ける新たな挑戦と、研究者に期待すること~」(セッションパートナー:小橋工業株式会社)を開催いたします。

【ブースセッション】学生・若手研究者と語りたい、参加企業のディスカッションテーマが決定しました

「研究者の新たな活躍の場を発見する」をテーマに、6/22(土)に開催する「キャリアディスカバリーフォーラム2019」では、研究者と企業が双方の「解決したい課題」「解明したい問い」を発信しあい、互いに重ね合わせることで、新たな活躍の領域を発見できる場となります。 参加企業は、これから自社で解決したい課題や、挑戦を軸としたディスカッションテーマを用意して当日に臨みます。

【オープニングトーク】活躍の場を切り拓け〜未来を創る研究者になる〜

時代の変化とともに仕事の内容も役割も変わっていく中で、研究者の活躍の場を広げるには、今ある選択肢から進路を選ぶ生き方以外にも、まだ見ぬ居場所を自分の手でつくるという生き方があるのではないでしょうか。CDFでは「自分のキャリアを自分でつくる」という考え方を軸に、参加者が議論します。

ユニークな処遇で博士を迎える 企業ポスドクの新たな形〜日本製鉄株式会社 特別研究員制度〜

ポスドクというと大学や公的研究機関で採用する形が一般的に思われるが、日本製鉄株式会社(旧新日鐵住金株式会社)では、2006 年か ら特別研究員制度(ポスドク)を設け、博士人材に対して新卒採用とは異なる形で門戸を開いている。企業における 博士人材採用にはどのような狙いがあるのだろうか。また博士にとってはどのような魅力があるのだろうか。同社技術開発本部人事室長の日高正貴氏と特別研究員制度を経て入社した主幹研究員の末岡一男氏にお話をうかがった。

パートナー企業が新たに14社参加決定!

2019年6月22日(土)に開催するCDF2019では、これまで以上に参加者と企業の関係性を深めるため、当該活動に共感し、協働いただけるパートナー企業を募集していました。この度、すでにパートナーとして決定している13社に加え、さらに14社、合計27社の参加が決定いたしました。

【パネルセッション】自分をアップデートさせる研究者の過ごし方

多様な課題を解決する力が求められる社会で、研究者が自らを成長させ、活躍の場を広げるために、社会を知ることの重要性が注目されています。大学に所属しながら社会に飛び出し、自らをアップデートさせた研究者と、ソーシャルラーニングの場を研究する研究者と一緒に、これからの研究者の過ごし方などを考えます。

【パネルセッション】東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと

東京大学で教養学部生向けに行われたキャリア教室に登壇した3名が、自身のキャリアを振り返りながら、不確実な時代を生き抜くキャリアの重ね方についてディスカッションします。大学で研究を続けたり、自分で会社をつくったり。キャリアはバラバラでも3名に共通しているのは、目の前のことをとにかく楽しむ。全力でやる、という姿勢。キャリアパスは計画するものではなく、振り返ったときに自分の後ろにできているものではないでしょうか。「好き」を追いかけてきた先輩研究者の「仕事」の捉え方、チャンスの掴み方などがわかります。