ホーム お知らせ キャリアディスカバリーフォーラム2018(2018/6/24に終了しました)

キャリアディスカバリーフォーラム2018(2018/6/24に終了しました)

1511

キャリアディスカバリーフォーラムは
未来の仲間を集め、未来のキャリアを創造/想像する場です。

キャリアディスカバリーフォーラムは採用のための会社説明会ではありません。ここは、多様な知識や経験を持った、目指すゴールや分野の異なる若手研究者たちがそれぞれの夢を語り、未来のキャリアを創る場です。and more…

大会テーマ:
未来の仲間を集め、未来の仕事を創造/想像する

2018年6月30日(土)、リバネスでは、研究経験から培われる課題設計力や課題解決力といった研究者ならではの能力を発揮する場をラボの外(社会)にも広げるため、研究者に特化した「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を日本科学未来館にて開催します。今回は、自身のアイデアや技術、研究経験を活かしてやりたいことがある研究者と、ともに未来を創っていきたいと考える企業が一堂に会し「未来の職を探すのではなく、未来の職を創る」場として、お互いにやりたいことをぶつけ合い、実現のために筋道を本気で考える、分野も立場も問わない、本気で未来を創るための場となります。そのために、リバネスがコミュニケーターとして参加し、研究と社会の架け橋になります。ぜひ、あなたもやりたいことをぶつけにきてください。

CDF2018チラシはこちらからDLいただけます。

■開催場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)
■参加人数:400名/日
■開催日時:2018年6月30日(土)

THEMES(問い)

社会から集めたテーマ・問いで未来のキャリアを語るディスカッションパートナー(学生・若手研究者)を募集しています。多様な知識や経験を持った学生や若手研究者が集まり、共に切磋琢磨しながら成長していきます。


未来の仕事が見える

参加企業が研究人材と

ディスカッションしたいテーマ29

こちらからご覧ください


セッション・ワークショップ内容

アグリセッション

トレーニングワークショップ

教育・ランチセッション

バイオセッション

アグリセッション

町工場・ランチセッション

トレーニングワークショップ

心理学セッション

セラク・ランチセッション

トレーニングワークショップ

株式会社リバネス第16期株主総会ジャム・セッション

ニュース

新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる(東京農業大学准教授)

新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる 渡辺 智 氏 東京農業大学 生命科学部 バイオサイエンス学科 准教授 「そのイベント、面白いね!」そう言って、研究室の学生と共にキャリアディスカバリーフォーラムに参加した渡辺氏。理想の研究者像は「研究を推進するリーダーであり、現場で実験し続けるプレーヤーであり、学生のチャンスを作るために動き続ける人」。研究に熱を持って打ち込み、新しいテーマに挑戦し続ける若手研究者として、本イベントに参加した考えを伺った。

異なる人との交流が、自分の活躍できる場に気づくきっかけとなった(東京大学大学院博士課程)

異なる人との交流が、自分の活躍できる場に気づくきっかけとなった 渡邉 聡 氏 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 博士課程 3 年 東京大学の渡邉聡氏は、幼少の頃から算数や数学に興味を持ち、現在は大学院博士課程で、絶縁体中の原子の運動などの自然現象を正確に記述する理論の構築に取り組んでいる。大学で研究を続けることを目指して突き進んできた彼が、キャリアディスカバリーフォーラム (CDF) で企業との交流を求めたのはなぜだったのだろうか。現役博士学生の想いに迫った。

研究者のベンチャーでのキャリアって?研究開発型ベンチャーの代表に聞いてみた

研究者はベンチャー企業でどのように活躍できるのか。自身も博士卒業後に研究開発型ベンチャーに参加し、今は代表を務める研究者に話を聞いた。 会社のことを自分ごととして面白がれるかが活躍の場を発見する秘訣 株式会社セルファイバ 代表取締役・社長 柳沢佑さん 「キャリアデイスカバリーフォーラム」では、新たな活躍の場としてベンチャー企業のキャリアも知ることができる。採用フェーズに達したベンチャー企業でどのようなキャリアを描けるのだろうか。2015年に東京大学の技術から創業し、細胞を繊維状に加工することで医療や食糧生産など様々な場所で活用することを目指す株式会社セルファイバの代表に、自身の経験を元に語ってもらった。 自分だけができることを見つけた  柳沢佑さんは、学部卒業後、一度企業に就職をしたが、一念発起し博士課程に進んだ。「人がやっていないことをやりたいという気持ちが強かったが、周りが修士や博士の人が多い職場で自分だけができることがわからず、苦しかった」と当時を振り返る。セルファイバと出会ったのは博士論文を書いている時期だった。研究を世の中に送り出すベンチャーに興味があり、すでに研究職での採用も決まっていたが、1つの領域を深掘りしていくだけでは自分が考えるくらいのことは誰かがやっているのではという気持ちが拭えなかった。セルファイバの技術はバイオと工学の融合領域にある。調べてみると、研究の融合領域では重要なことで手付かずになっていることがたくさんあった。専門の化学とはぴったり一致していなかったが、自分の持ち前の好奇心の元に掘り下げることができれば、人がやっていないこともできるのではないかと考えた。自分のやりたいことと重なる場所を求めてたどり着いたのだ。 自分ごとが広がり、研究+経営者に  最初は研究員として入社したが、のちに代表取締役・社長に就任した。経営者になるとは思いもしなかったという。しかし、研究を進めていくうちに、経営にかかわることも一緒に進めて行かないと事業の立ち上げに必要なスピードが出せないことに気づいた。ベンチャー企業では、数字の目標をつくり、実現のため具体的に販路を開拓しながら、研究資金を集めるなど、経営者任せでは進まないのだ。「経営というと、なんでもできないといけないと思いがちですが、未開拓な領域を経験する過程では、わかっていることとわからないことを明確にするることが重要で、それは研究と同じでした」。必要に迫られて会社を自分ごとにして行った結果、活躍の場が広がったと言える。「研究者は社会貢献に直接かかわりづらい構造があるが、自分が作った技術が人に使ってもらえるところまでを自分たちで進められることがベンチャーの魅力。研究を社会に出すまでに困難なことはあるけれど、それを面白がってくれる人は活躍の場が広がると思います」。 仲間を増やし、研究を加速して行きたい  創業から4年経ち、研究を加速していく段階にきた。そこで、新たな仲間を求めてキャリアデイスカバリーフォーラムにも参加したのだ。「イベントでは自分とちゃんと向き合おうとしている人が多かった」と柳沢さんは話す。「ブースでは研究を軸に自分のやりたいことをお話してもらいました。専門性とマッチするかに限らず、過去、今、未来の自分をしっかり語れる人は、きちんと自分と向き合って頼もしいと感じました。自分のやりたいこと重なる場所だったら、ベンチャーにも来て欲しいなと思いましたね」。イベントでは、実際に入社を検討した人も現れ、分野は異なるが、蛍光イメージングの専門家との共同同研究も生まれそうだという。 やりたいことが重なれば、自分で考えて動けるようになる  「ベンチャーの仕事はスピード感が求められます。日々状況が変わっていく中、会社の動きを見て、自分で考えながら動けることが必要となります」。自分で考え、動けるようになるために必要なことが、自分のやりたいことが会社と重なっていることだという。「ベンチャーは組織として整っていないこともたくさんあるから、格好悪いところも、地味なこともたくさんある。その成長を面白がって一緒になんとかしようと思ってくれると、大きな企業ではできない面白い経験ができると思いますね」。柳沢さんが自分ごとを広げていったように、自分のやりたいことと重なり、会社の成長を自分の成長として面白がれる場を見つけることが、活躍の場を見つける秘訣と言える。 柳沢佑(やなぎさわ ゆう)さん プロフィール 東京薬科大学卒業後、株式会社リバネスに入社。退職して、東京大学大学院工学系研究科で博士号を取得して、東京大学総長賞などを受賞後、株式会社セルファイバへ入社。AMED「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業」で研究開発代表者を務める。 <2020年度キャリアデイスカバリーフォーラム> 2020年6月20日(土)10:00-18:00 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター5F 詳細・申し込みフォーム https://cdf.lne.st/  

ユニークな処遇で博士を迎える 企業ポスドクの新たな形〜日本製鉄株式会社 特別研究員制度〜

ポスドクというと大学や公的研究機関で採用する形が一般的に思われるが、日本製鉄株式会社(旧新日鐵住金株式会社)では、2006 年か ら特別研究員制度(ポスドク)を設け、博士人材に対して新卒採用とは異なる形で門戸を開いている。企業における 博士人材採用にはどのような狙いがあるのだろうか。また博士にとってはどのような魅力があるのだろうか。同社技術開発本部人事室長の日高正貴氏と特別研究員制度を経て入社した主幹研究員の末岡一男氏にお話をうかがった。

フォーラム参加企業・団体

小橋工業株式会社

日本たばこ産業株式会社

株式会社メタジェン

株式会社Co-LABO MAKER

株式会社ファームノートホールディングス

株式会社ファームシップ

アグリガレージ研究所

株式会社セラク

株式会社DG TAKANO

株式会社バイオインパクト

seak株式会社

株式会社ユーグレナ

アメリエフ株式会社

株式会社プランテックス

紀州技研工業株式会社

株式会社i-plug


株式会社城南村田

インテリジェント・サーフェス株式会社

ロート製薬株式会社

Agsoil株式会社

株式会社neumo

株式会社ビービット

株式会社オプティム

株式会社レリクサ

アグリホールディングス株式会社

アイ・イート株式会社

変人類学研究所

株式会社リバネス

応援団体

株式会社POL

越境研究所

株式会社ちえもの

■本件に関するお問い合わせ(パートナー企業参加など)
主催・運営:株式会社リバネス
お問い合わせ先:キャリアディスカバリーフォーラム運営事務局(担当:齊藤)
e-mail:[email protected]