ホーム 2018 キャリアディスカバリーフォーラム2018(2018/6/24に終了しました)

キャリアディスカバリーフォーラム2018(2018/6/24に終了しました)

949
0

キャリアディスカバリーフォーラムは
未来の仲間を集め、未来のキャリアを創造/想像する場です。

キャリアディスカバリーフォーラムは採用のための会社説明会ではありません。ここは、多様な知識や経験を持った、目指すゴールや分野の異なる若手研究者たちがそれぞれの夢を語り、未来のキャリアを創る場です。and more…

大会テーマ:
未来の仲間を集め、未来の仕事を創造/想像する

2018年6月30日(土)、リバネスでは、研究経験から培われる課題設計力や課題解決力といった研究者ならではの能力を発揮する場をラボの外(社会)にも広げるため、研究者に特化した「キャリアディスカバリーフォーラム2018」を日本科学未来館にて開催します。今回は、自身のアイデアや技術、研究経験を活かしてやりたいことがある研究者と、ともに未来を創っていきたいと考える企業が一堂に会し「未来の職を探すのではなく、未来の職を創る」場として、お互いにやりたいことをぶつけ合い、実現のために筋道を本気で考える、分野も立場も問わない、本気で未来を創るための場となります。そのために、リバネスがコミュニケーターとして参加し、研究と社会の架け橋になります。ぜひ、あなたもやりたいことをぶつけにきてください。

CDF2018チラシはこちらからDLいただけます。

■開催場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)
■参加人数:400名/日
■開催日時:2018年6月30日(土)

THEMES(問い)

社会から集めたテーマ・問いで未来のキャリアを語るディスカッションパートナー(学生・若手研究者)を募集しています。多様な知識や経験を持った学生や若手研究者が集まり、共に切磋琢磨しながら成長していきます。


未来の仕事が見える

参加企業が研究人材と

ディスカッションしたいテーマ29

こちらからご覧ください


セッション・ワークショップ内容

アグリセッション

トレーニングワークショップ

教育・ランチセッション

バイオセッション

アグリセッション

町工場・ランチセッション

トレーニングワークショップ

心理学セッション

セラク・ランチセッション

トレーニングワークショップ

株式会社リバネス第16期株主総会ジャム・セッション

ニュース

【パネルセッション】自分をアップデートさせる研究者の過ごし方

多様な課題を解決する力が求められる社会で、研究者が自らを成長させ、活躍の場を広げるために、社会を知ることの重要性が注目されています。大学に所属しながら社会に飛び出し、自らをアップデートさせた研究者と、ソーシャルラーニングの場を研究する研究者と一緒に、これからの研究者の過ごし方などを考えます。

【パネルセッション】研究 × 越境 × ワクワクで次世代の教育を生み出す

リバネスが主催するキャリアディスカバリーフォーラム(2019年6月22日(土))内で、各界で活躍する研究者が集まり、パネルセッション「研究越境ワクワクで次世代の教育を生み出す」(セッションパートナー:埼玉県戸田市)を開催いたします。

誰も辿ったことのない道だからこそ、トップを目指せる(株式会社 Rhelixa)

誰も辿ったことのない道だからこそ、トップを目指せる 株式会社 Rhelixa 松木 崇晃 さん 研究開発 プロジェクトマネージャ 大迫 侑貴 さん インターン生 (東京農工大学大学院 生物システム応用科学府 博士課程3年生) 環境などの影響で遺伝子が化学的に修飾されることにより発現が制御されるメカニズム、「エピゲノム」のコンピュータ解析技術を強みに起業した株式会社Rhelixa。まだ産業界での活用が始まったばかりのこの技術で、ビジネスに挑戦する魅力は何だろうか。研究開発マネージャとして参加した松木崇晃さんと、今年の春から新入社員になる大迫侑貴さんに聞いた。

新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる(東京農業大学准教授)

新たな研究を生むことで、自分と学生の研究キャリアを広げる 渡辺 智 氏 東京農業大学 生命科学部 バイオサイエンス学科 准教授 「そのイベント、面白いね!」そう言って、研究室の学生と共にキャリアディスカバリーフォーラムに参加した渡辺氏。理想の研究者像は「研究を推進するリーダーであり、現場で実験し続けるプレーヤーであり、学生のチャンスを作るために動き続ける人」。研究に熱を持って打ち込み、新しいテーマに挑戦し続ける若手研究者として、本イベントに参加した考えを伺った。

ユニークな処遇で博士を迎える 企業ポスドクの新たな形〜日本製鉄株式会社 特別研究員制度〜

ポスドクというと大学や公的研究機関で採用する形が一般的に思われるが、日本製鉄株式会社(旧新日鐵住金株式会社)では、2006 年か ら特別研究員制度(ポスドク)を設け、博士人材に対して新卒採用とは異なる形で門戸を開いている。企業における 博士人材採用にはどのような狙いがあるのだろうか。また博士にとってはどのような魅力があるのだろうか。同社技術開発本部人事室長の日高正貴氏と特別研究員制度を経て入社した主幹研究員の末岡一男氏にお話をうかがった。

社会貢献を目指す熱い研究者と自由なアイデアで新たな事業領域を拓きたい(紀州技研工業株式会社)

紀州技研工業株式会社は、和歌山県に本社、研究所を構える産業用インクジェットプリンターの有力企業だ。段ボール用プリンターでは圧倒的シェアを誇る。近年では、卵の殻に賞味期限を直接印字できるプリンターの開発で、テレビや新聞に取り上げられ話題にもなった。何より社風が良いという。 「もっと紀州技研工業を知ってほしい、 実用化したい研究開発を一緒に取り組みたい」と参加を決めた開発本部 PE 開発部部長の遠藤聡人さんに同社の魅力をうかがった。

フォーラム参加企業・団体

小橋工業株式会社

日本たばこ産業株式会社

株式会社メタジェン

株式会社Co-LABO MAKER

株式会社ファームノートホールディングス

株式会社ファームシップ

アグリガレージ研究所

株式会社セラク

株式会社DG TAKANO

株式会社バイオインパクト

seak株式会社

株式会社ユーグレナ

アメリエフ株式会社

株式会社プランテックス

紀州技研工業株式会社

株式会社i-plug


株式会社城南村田

インテリジェント・サーフェス株式会社

ロート製薬株式会社

Agsoil株式会社

株式会社neumo

株式会社ビービット

株式会社オプティム

株式会社レリクサ

アグリホールディングス株式会社

アイ・イート株式会社

変人類学研究所

株式会社リバネス

応援団体

株式会社POL

越境研究所

株式会社ちえもの

■本件に関するお問い合わせ(パートナー企業参加など)
主催・運営:株式会社リバネス
お問い合わせ先:キャリアディスカバリーフォーラム運営事務局(担当:齊藤)
e-mail:[email protected]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here